2020年5月24日日曜日

見し夢の 思ひ出でらるる





程もなく 誰も遅れぬ 世なれども とまるは行くを 悲しとぞ見る

    伊勢 (872 - 938)        後撰和歌集


万世の はじめと今日を 祈りおきて いさ行末は 神ぞ知るらん

    中納言 朝忠 (910 - 967)    拾遺和歌集



2020年4月29日水曜日

空 海 花 - 青の三重奏


Click on the photo to see details.

青空の下、大阪湾の海沿いにネモフィラの青い海が広がっています。
2018年までは百合苑でした。
その年の秋の台風で百合も全滅し、2019年からネモフィラに変わりました。
今年のネモフィラ祭りは開催中止です。

2020年4月12日日曜日

散る桜 残る桜も 散る桜







桜花 夢かうつつか しら雲の  絶えて常なき 嶺の春風
      藤原 家隆 (1158 - 1237)  新古今和歌集



2020年3月18日水曜日

淡路、由良漁港



                                  淡路島の小さな漁港です。
                        村の多くの若者は仕事を求めて都会に出て行きますが、漁港は活気に満ちていました。
                    

2020年2月23日日曜日

真冬の乳頭温泉郷、孫六温泉への途




いくつかの一軒宿が、田沢湖の山奥に点在しています。
 当時は近くまで車で行くことが出来ませんでした。

沢沿いの深雪に覆われた道を一歩一歩踏みしめながら、質素な山小屋まで辿り着いたことを覚えています。
 
ただひたすら静かな雪景色の中に、乳白色のお湯が勢い良く涌き出ていました。



2011/01/07 記事を再構成しました。

2019年11月12日火曜日

君が代は 千世ともささじ




  乙女子が 雲のかよひぢ 空はれて  豊のあかりも 光そへけり

   君が代は 千世ともささじ 天の戸や  出づる月日の かぎりなければ      

   藤原俊成 (1114-1204)  新古今和歌集   



2019年7月30日火曜日

淡路島



阿那賀の漁港。夕日が沈んでから。