2016年8月1日月曜日

ここにありて 筑紫やいづこ






今日とてや 磯菜つむらん 伊勢島や  一志の浦の 海士の乙女子

  皇太后宮大夫俊成  新古今和歌集


当地では、7月下旬からずっと快晴が続いています。 晴れてこその「夏」です。


12 件のコメント:

  1. う~ん、poetic photograph!。

    返信削除
  2. 皆様へ。  いつも訪問していただきありがとうございます。

    私はずっと撮影していませんでしたが、これは最近の景色です。
    夏は気候の変動が大きいので、ご自愛ください。


    to everyone.
    Thank you for always visited.

    I did not shoot much, but this is a recent scenery.
    Since the summer has a large variation in the climate, please be careful.
    Greeting.

    a todos.
    Gracias por estar siempre visitado usted.

    No le disparé mucho, pero este es un escenario reciente.
    Desde el verano tiene una gran variación en el clima, por favor tenga cuidado.
    Saludo.


    返信削除
  3. 素晴らしいお写真ですね。遠くに見える山並み。静かに打ち寄せる波と遊ぶ少女達。私も詩的な作品だと思います。

    コメント大変遅くなりました。暑い夏、ただただ涼しくなるのを待ち焦がれる毎日でした。

    返信削除
    返信
    1. こんにちわ 
      今年の夏は大変でした。ただ、佳境が過ぎ去るのをじっと待つというのは、夏も冬も同じですね。
      薄紫のサルスベリでしょうか? どうであれ、次第に季節は変わっていくものです。

      この写真、偶然子供達とブイと遠くの船影が一直線になっているのに気がついて掲載してみました。
      夏の大潮の明け方です。

      削除
    2. 瞬間をとらえたお写真だったのですね。最近、年に一度日本海側の海に行くのですが、海も光も太平洋側に比べて静かで優しいと感じています。

      先週は鳥取の海に行く機会がありましたので、イカ釣り船の漁火と灯台の光を撮りたいと思って楽しみにしていましたが、台風の影響で船が出向せず、残念でした。待ち焦がれて撮ろうとしたものは大抵不発に終わります。

      これからも佐賀の海の色々なお写真をぜひ見せて頂きたいです。

      削除
  4. こんなに広い海辺を独占できる少女たちは幸せですね。先にオリジナルのブログを見たのですが、想像どうりの色でした。

    返信削除
    返信
    1. こんにちわ 
      最近は、撮影に出向くことがすっかり無くなってしまい、昔の写真をモノクロにしたりフィルターを掛けてみたりと色々編集しながら眺めています。

      長いこと続けていると「もうそろそろ・・・」なんて思うこともありますよね。私もそうです。
      ゆっくり休みながら続けて、間隔が大きく開いたらそのままフェードアウトでも・・・いいかな、と。

      初期のフォロワーで、書も個人的に贈ったポーランドの友人は、或る日フッと途絶えたきり2年以上も放置して、年初に戻ってきました。
      そういうのも長い歳月の途中には、あってもいいものだなと感じました。

      削除


  5. こんばんは。

    この度IXY DIGITAL 910 ISで撮影したものが「flickrock」というトころ画像サイトに選ばれて掲載されました。
    この唐津市東の浜海岸で撮影しました。 他の作品も趣のあるものばかりですので、御笑覧いただければ幸いです。

    flickrock.com

    このサイトは、flickrに掲載されている写真の中で、厳選された「モノクロ」だけを載せています。


    ちなみに私のflickrはこちらです。2011年から参加しています。
    ruma_views

    flickrは、規模が世界全体であることと、アルバムとしての美しさ、この2点が気に入ってます。


    ブログには2015年9月に掲載したものです。
    Goodbye summer girl with " Go away " Japanese calligraphy


    返信削除
  6. Flickrockに選ばれた浜辺の画像はモノクロであるがゆえに情緒豊かに見えますね。Flickrのことは知っていましたが、サイトをのぞいたのは初めてです。洗練されてますね。Rumaさんのお写真、photostreamで楽しませていただきました。勉強になります。お知らせありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. ご覧頂き、ありがとうございました。

      > モノクロであるがゆえに情緒豊かに見えますね。
      そうなんです。モノクロは想像力を掻き立たせてくれます。それに、何回見ても飽きないような気がします。

      > 洗練されてますね。
      他にもViMEOのような強烈に美しいサイトもありますが、ちょっと編集加工が過ぎているようで、すぐに飽きが来てしまいます。
       私にはFlickerレベルが、自然でいいような気がします。日本にも写真サイトは色々とありますが、どれも画面がいまひとつです。
       サイトを開いた時にパッと目に入ってきませんネ。

       
       最近は殆ど新規の撮影が出来ていないので、昔に沢山撮ったのをゆっくり眺めているような次第です。



      削除
  7. Rumaさん。お知らせありがとうございます。Flicker なんの事だろうと思っていました。世界的にも大きなサイトだったんですね。
    ノスタルジックで芸術的な感じがする白黒の世界は、そのシンプルさの中に奥深さが感じられます。私もいつかそのような写真を撮ってみたいです。
    まだまだ難しいと感じます。

    返信削除
    返信
    1. ご覧頂き、ありがとうございました。

      このような撮影をするようになったのは、Googleの英語ブログを始めて外国の方々と交流するようになってからです。
      今から8年前、初期の頃JAMESというアメリカ人が綴っているブログのモノクロが非常に感動的で、いつも眺めては勉強していました。
      その点で、ブログでの出会いについては、とても感謝しています。

      Flickerはおそらくインターネットが普及してごく初期からの、そして世界規模という意味では最大の写真サイトのひとつでしょう。
      相互交流するのも良し、ただ掲載するだけでも良しと、両方を兼ね備えた「場」だと思います。

      最近はめっきり新規撮影をしなくなり、ブログとして何かを「書く」という筆というか、発想自体も停滞しているような有様です。
      以前から撮り溜めたものを少し編集などしつつ、ゆっくりFlickerにアップして、眺めていこうかと思っています。


      お二方に見ていただき、重ねて感謝申し上げます。 ありがとうございました。



      削除