2013年8月13日火曜日

鎮魂と感謝の灯




奈良燈花会からの1シーン、鷺池の浮見堂からです。高円山でのお盆の送り火当日には、蝋燭も消され、静かな闇に包まれます。

 

7 件のコメント:

  1. Your picture is sooo beautiful! I saw photos of the candle light festival already on Yoko's blog - thank you both for sharing this lovely party with us! :-)

    返信削除

  2. お祭りの名称に、日本的な奥ゆかしさを感じます。
    仄かな灯りを、花に見立てる感性は古都の人々ならではだと思います。

    一度は見てみたい・・・。
    奈良の御祭りやイベントは、どれを拝見してもそう思わされるものばかりです。


    返信削除
    返信
    1. 「燈花」は、蝋燭の灯心の先に形成される花の形をしたろうの塊のことで、仏教においてこれを縁起の良いものとすることに由来して「奈良燈花会」となったようです。

      削除
  3. 静かに池面にオレンジ色の光が反射し、提灯をつけたボートもたくさん浮かんで、お盆の夜ですね。

    返信削除
  4. Maravilhoso. Sempre fico encantada em vir aqui.
    Boa noite.

    返信削除
  5. ほんのりライトアップされた浮見堂、池面にポツリ、ポツリと浮かんだボートの灯りが美しいですね。日本的な静かなお盆のお祭りだなあと思います。

    返信削除